制作に関する詳細事項について

制作物は著作権法のもと制作者に帰属するものとします。一般的な企業活動において使用の制限や費用の請求は行わないものとします。ただし制作物を依頼事項と異なる用途もしくは自社外で使用する場合、制作物がそのコンテンツの主となり二次的利益が発生する場合は費用が発生する場合があるものとします。

プロジェクトの進行において依頼事項と異なる要求や変更、追加内容が確認された場合、制作者は対価の要求もしくは本来の依頼事項の提案をもってプロジェクトを完了するものとします。依頼事項への提案後は事の如何を問わず費用の返金はできないものとします。

制作物納品後の変更や修正は依頼事項が反映されていない場合かつ納品後7日間以内であれば無償、その他は有償で行うものとします。プロジェクト内単一制作物に対しての最長対応期間は3ヶ月とします。また10日以上返信がない場合はその時点での制作物を納品物として完了する場合があるものとします。不採用の制作物は制作者に権利があるものとします。許可なく使用が認められた場合、最低額として依頼費用の2倍を請求できるものとします。制作物の印刷物への利用やその他これを用いて行う行為において発生する不利益や損害に対して制作者は一切の責任を負わないものとします。制作物は制作者の実績として公開できるものとする。(非公開にしたい場合はご一報下さい。)上記において特段異論がない場合はこれらを了承したものとします。